ビジョン・ファイブ

Read Article

鮎川じゅんな出演 演劇企画ユニット劇団山本屋『あまもり』4月1日~5日

鮎川じゅんな出演 演劇企画ユニット劇団山本屋『あまもり』4月1日~5日

会場

東京芸術劇場 シアターウエスト

出演

鮎川じゅんな、福山聖二、尾崎亜衣、尾崎由衣、北原雅樹、荒木次元、板垣桃子、三枝奈都紀、植野堀誠、廿浦裕介、犬伏雄一、真嶋真紀人、笹岡幸司、小池樹里杏、宮﨑一史、浅倉祐太、太田彩香、平林愛菜、東田智代、千倉里菜、櫻井はな、県咲希、吉川暁士、鈴木浩文、河口舞華、佐々木恭祐、他

脚本・演出

山本タク

タイムテーブル

4月1日(水)18:30『雨』
4月2日(木)18:30『守』
4月3日(金)14:00『雨』/18:30『守』
4月4日(土)14:00『守』/18:30『雨』
4月5日(日)12:30『雨』/16:30『守』

ストーリー

人は誰の為に服を着ているのでしょうか。
N.Yの三ツ星レストランにGパンで行く事は出来ません。
では私達はレストランの為に服を着てるのでしょうか。
この物語の世界は上と下に別れていました。
二つの国は文化が違いすぎた。
生きる事を楽しむ上の国と、生きる為に生きる下の国。
ファッションが政治にも影響する程の文化を持つ上の国。
服を着る文化がなく、ボロ布を着て生活する下の国。
雨を感じることが出来る上の国。
降る雨を必死に集めなければいけない下の国。
結婚の制度がある上の国。
愛があれば契約などいらないという下の国。
働いて幸せになろうとする上の国。
今日は何を食べようと悩む事から一日が始まる下の国。
一人の子供を大切に育てる上の国。
一人でも生き残ってくれたらと子づくりに励む下の国。
相反するその国は干渉し合う事無く幸せに生きていた。

ある日、一枚の服が落ちてくるまでは……

これはそんな上の国の王女と
下の国の小さな町の少年の恋物語。

Return Top